バッグ修理はプロに

今持っているお気に入りのバッグ。いつまでも使っていたいことでしょう。しかしながら長年使っていると、どうしても経年劣化してしまうことがあります。いくら丁寧に扱っていても、土岐の流れには逆らうことができません。だからといってあきらめることはなにもありません。バッグは壊れたり劣化してしまったりしても、修理すればいいのです。劣化によってはまったく同じというわけにはいかないかもしれませんが、似たもので代用するなど形をキープすることができます。

バッグ修理とひと言にいっても、さまざまな修理があります。なぜならバッグは各部品に分かれているので、その部品ごとに修理方法が変わるからです。たとえば、バッグは物を入れる袋に当たる部分と、持ち手の部分があります。特に持ち手の部分は日々手あかがついたり、重い部分を持ち上げたりするために、劣化しやすい部分となっています。ほかには金具やファスナーがついていればそれらを修理したり交換したりする必要があるでしょう。

見落としやすいのにもかかわらずとても重要なのが、根革の部分です。根革とは、バッグ持ち手のつなぎ目の部分で、劣化しやすい部分となっています。さらにいえば、自分で修理することがなかなか難しいところであるため、専門業者に依頼するのがおすすめです。価格はバッグの大きさや革、状態によりさまざまですので、一度見積もりを依頼してみるとよいでしょう。革がだめになっていても、似た革で代用してくれることがあるので、あきらめずに相談してみることをおすすめします。